<nobr id="xj77n"><del id="xj77n"></del></nobr>

            <object id="xj77n"><option id="xj77n"></option></object>

            <i id="xj77n"><span id="xj77n"></span></i>

            zz株式會社アウトソーシング
            100-0005
            東京都
            千代田區
            丸の內1-8-3

            事業の特長

            ニーズ&ストラテジー

            ニーズの変化に
            即応するソリューションが
            あります

            コストからコスト?プラス?クオリティへ

            株式會社アウトソーシングは、“PLUS BIZ”思考で、
            お客様のニーズの変化を的確に捉えたビジネス?スキームをご提供します。


            日本の多くの製造メーカーはバブルの崩壊以降、生産コストの削減や生産性の向上に努めてきました。そして、その過程にて、製造派遣や業務請負を利用した「人件費の削減?人件費の流動費化」に取り組む製造メーカーが登場し、多くの成功事例がみられてきました。ベンダーは、「人を集め、配置する」という、いわゆる派遣型アウトソーシングにて、お客様のニーズに合致することができたわけです。

            しかし、今日、製造メーカーを取り巻く環境は大きな変化をみせております。これは、消費者の嗜好やライフスタイルの多様化により、より多くの商品とより頻度の高いモデルチェンジが求められることを背景とする「商品壽命の短命化」という新たな市場命題です。

            これに対応するため多くの製造メーカーでは、 「新製品開発への経営資源の集中」を行う一方で、「製造工程の多くを信頼できるベンダーへ委託する」という形態への移行が顕著になっております。いわゆる「コアコンピタンス経営」へのシフトです。

            その結果、ベンダーに求められるニーズは、これまでと大きく変わることとなります。お客様より製造工程を引き受けるベンダーとして、人件費を中心とするコスト削減以外にも、「製造品質の向上」、工程全般に及ぶ「トータルコストの削減」、法令を遵守する「コンプライアンスの徹底」を擔うものであり、「コスト一辺倒」から「コスト?プラス?クオリテ?!工丐违拴`ズの変化が起こっています。

            クオリティーを求める、お客様ニーズの変化

            メーカーがスリム化された現在

            派遣型アウトソーシングの現狀

            現在のアウトソーシング?マーケットの現狀は、多くの業者が亂立し、過度な競爭狀況にあります。
            そして、このような競爭の結果、一部の業者において、「人材の質の低下」「法令の不徹底」等の問題発生を導き、お客様にもコンプライアンス上のリスクを生じさせ始めていることが指摘されております。

            小奶猫app直播地址二维码,1024手机看片下载,佐藤美纪近亲影音先锋